政治

中城村議会、米軍機部品落下で抗議決議を可決 意見書も

オスプレイの部品落下事故に対する抗議決議、意見書を可決する中城村議会=16日、中城村議会

 【中城】米軍普天間飛行場所属の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが飛行中にパネルなどの部品を落下させた事故を受け、中城村議会(新垣博正議長)は16日、臨時会を開き、抗議決議と意見書を全会一致で可決した。オスプレイの飛行停止、同飛行場の即時閉鎖・撤去などを求めた。

 決議文は、渡名喜島沖でのコンテナ落下など相次ぐ事故を挙げ「米軍機の安全管理はもはや破綻している」と批判。米軍から日本政府への連絡が遅れたことに対し「通報体制の不備」を指摘した。宛先は駐日米国大使、在日米軍司令官ら。

 意見書で、日本政府に対して「飛行停止の要求もせず、訓練を最優先させていることに不安と怒りを禁じ得ない」とした。

 渡名喜島沖へのコンテナ落下事故に対する抗議決議と意見書、土地規制法の廃止を求める意見書もそれぞれ全会一致で可決した。



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス