政治

防衛相、米軍に「厳正対応求める」 オスプレイ部品落下 情報遅れと訂正に

岸信夫防衛相(資料写真)

 【東京】岸信夫防衛相は20日の会見で、米軍普天間飛行場所属の輸送機MV22オスプレイからパネルなどの部品が落下した問題に関し、日本側への一報が遅れたことや、落下物の大きさが訂正されたことに触れ「事態を重く受け止めている」と語った。その上で米側に「厳正な対応を求める」と強調した。

 岸氏は報告遅れなどに「情報の隠ぺいがあったとは考えていない」との認識を示しつつも、「正確な情報(提供)を迅速に行うことは当然、必要なことだ」と述べ、事故発生時の情報伝達の重要性を指摘。米側に安全確認や再発防止を申し入れたと説明した。

 一方、米側が原因究明のため徹底的な調査を行うことや、同型機の安全点検を実施する考えを示したことを挙げ「米側による適切な措置が取られている」との認識を示した。防衛省として「飛行停止を求める考えはない」とした。




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス