社会

台風12号、きょう先島接近 宮古島は直撃恐れ

 気象庁によると、21日午後9時現在、台風12号は宮古島の南東を1時間に約15キロの速さで北西に進み、22日朝から昼すぎにかけて先島諸島にかなり接近する見込みで、22日明け方にも宮古島地方に暴風警報が発表される予定。台風の中心が通過するとみられる宮古島地方では暴風が吹き、海上は大しけとなる予報。22日に宮古島地方で予想される最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。八重山地方で予想される最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る見込みで、雨雲の発達によっては警報級の大雨が降る恐れがある。

 21日午後9時現在の中心の気圧は1002ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルで、中心の東側165キロ以内と西側110キロ以内では風速15メートル以上の強風域。


 台風の中心は、22日午前9時には宮古島の南南東約50キロの海上に、午後9時には宮古島の北北西200キロの海上に進む見込み。

 22日に予想される波の高さは、沖縄本島地方で4メートル、宮古島地方で6メートル、八重山地方で5メートル。いずれもうねりを伴う。

 沖縄気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意するよう呼び掛けている。



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス