政治

日米英が沖縄東方・南方海域で共同訓練 中国けん制狙う

自衛隊や英軍などとの共同訓練に参加した米軍揚陸艦「ニューオリンズ」=25日、うるま市の米軍ホワイトビーチ

 自衛隊は22~26日にかけて、沖縄東方・南方海域などで米、英、オランダ軍などと複数の共同訓練を実施している。25日、多国間訓練に参加したとみられる英海軍のヘリ「リンクスワイルドキャットHMA2」1機が宜野湾市の米軍普天間飛行場に飛来した。米海軍の揚陸艦「ニューオリンズ」のうるま市の米軍ホワイトビーチ入港も確認された。

 米国が初めて企画した大規模広域訓練2021(LSGE21)などに、自衛隊は参加した。英空母「クイーン・エリザベス」と自衛隊が日本周辺で共同訓練を実施するのは初めて。日英間の安全保障協力を示すことで、中国をけん制する狙いがあるとみられる。

 相互運用性の向上を目的に自衛隊のヘリが同空母へ、同空母ヘリと米軍のオスプレイが日本の護衛艦「いせ」に着艦する訓練も実施した。日米英の戦闘機も共同訓練をした。



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス