社会

普天間飛行場で3日連続夜間飛行 騒音90デシベル、規制時間過ぎ

夜間飛行する米軍のMV22オスプレイ=2日(資料写真)

 【宜野湾】米軍普天間飛行場で、垂直離着陸輸送機MV22オスプレイなどが8月31日~9月2日まで3日連続で、航空機騒音規制措置(騒音防止協定)で制限される午後10時を超えて夜間飛行した。県と宜野湾市の騒音測定によると、2日午後10時17分、野嵩地域で最大90・3デシベルの騒音が発生。周辺住民から「かなり迷惑」などの苦情が市に寄せられた。

 90デシベルは騒々しい工場内の音に相当。1日はオスプレイが午後10時を超えて、普天間飛行場周辺の住宅地上空でタッチ・アンド・ゴー訓練を複数回、繰り返した。宜野湾市の基地被害110番には「建具が震えるくらいオスプレイがうるさい。なんとかして」と苦情があった。宜野湾市はその都度、苦情を沖縄防衛局と米軍へ送り、市民生活への配慮を申し入れている。



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス