教育

沖縄の魅力、キャンパスライフ伝えたい 琉大生がラジオ番組 FMぎのわん

琉球大公式ラジオ「琉大やいび~ん」にゲストで出演する斉藤美加助教(左端)と学生ら=8月14日、宜野湾市喜友名のFMぎのわん

 琉球大学の学生らは毎週土曜日の午後1時、公式ラジオ「琉大やいび~ん」をFMぎのわんで放送している。8月7日から放送を開始した。

 2回目の8月14日、医学研究科の斉藤美加助教をゲストに招き、蚊媒介感染症の研究や北海道大学での学生時代の生活、好きな音楽などを聞いた。

 メンバーはラジオ番組の企画や取材などに興味のある学生約10人が集まった。琉球大や沖縄の魅力について伝えることを企画する。放送時間は約1時間。第6回までは教員をゲストに迎え、研究内容や教員のプライベートなどを掘り下げる。

 学生らは「大学を受験する理由の一つにラジオを挙げる後輩がいたらうれしい。大学や教員、学生の魅力を多くの人に知ってほしい」「コミュニケーションスキルや大人の人と物事を調整する能力を身に付けたい」と意気込んでいる。

 「琉大やいび~ん」は、動画投稿サイト「ユーチューブ」でもライブ配信している。過去の放送もアーカイブから視聴できる。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス