地域

宜野湾市全世帯にクーポン 市内のスーパーで使える キャッシュレスでポイント還元も

宜野湾市ホームページから

 【宜野湾】宜野湾市(松川正則市長)は10日、市内の全約4万6千世帯へクーポン券を配布するといった新型コロナウイルス感染拡大の経済対策を市ホームページなどで発表した。券は「ぎのわんだふるクーポン券」と題し、9月上旬~10月上旬に順次発送。10月1日~12月31日の期間、市内スーパーや中小店舗などで使用できる。

 クーポンは1人世帯が5千円、2人世帯6千円など、各世帯数に応じ額は異なる。市内事業者の店舗でキャッシュレス決済をした人へポイント還元も実施する。還元実施はクーポンと同期間で、還元率は30%。市は事業者に対し、クーポン取扱店登録やキャッシュレス取扱店指定の協力も呼び掛けている。

 収入が減少した保護者を就学援助の対象とし、学用品費や給食費なども援助する。市内で営業用給水契約をしている約3200事業者を対象に、営業用水道基本料金を6~11月の半年分も免除する。対策費は約5億4千万円で、主に国の地方創生臨時交付金を活用。松川市長は「社会経済活動を早期に回復させるよう力を尽くす」と述べた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス