社会
沖縄の新型コロナウイルス最新情報 沖縄ワクチン情報まとめ

稼働率が想定4割…広域接種場1カ所終了へ 那覇クルーズターミナル

 新型コロナウイルスのワクチン接種会場の一つ、県那覇クルーズターミナル接種センターが10月6日で運営を終了する。県が21日発表した。

 同センターでは10月6日まで1回目の接種を受け付ける。同7日以降に2回目の接種を予定する人には、県の電話予約コールセンターが連絡し、県立武道館や沖縄コンベンションセンターでの接種を案内するという。

 県によると、県内各市町村による集団接種などが進んでいるため、市町村のワクチン接種を補完する県広域接種センター3カ所では、日々の稼働率が想定の4割以下になっているという。今後は接種業務を2会場に集約するという。

 県は、2回目の接種を予定している人で、コールセンターから連絡がない場合は、同コールセンターに問い合わせるよう呼び掛けている。コールセンター(電話)098(943)2993。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス