政治

渡名喜村長選、比嘉朗氏が初当選 現職の桃原氏を破る

比嘉朗氏

 任期満了に伴う沖縄県渡名喜村長選挙が3日、投開票され、新人で元会社役員の比嘉朗氏(65)=無所属=が152票を獲得し、現職で2期目を目指す桃原優氏(62)=無所属=に43票差をつけ、初当選した。

 当日有権者数は306人(男性172人、女性134人)、投票者総数は271人。有効投票数が261票、無効票は10票。投票率は88・56%で、2017年の同村長選の92・49%に比べ、3・93ポイント下回った。

 比嘉 朗氏(ひが・あきら)1956年6月1日生まれ。村出身。沖縄国際大卒。建設会社社員や役員などを経て、2021年7月、村長選立候補のため退職した。

 ◇渡名喜村長選開票結果
当 比嘉朗 152票 無・新
  桃原優 109票 無・現
(選管最終)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス