政治

◯×△で政策チェック  アイドルらウェブで公開  衆院選、若者の投票率アップへ

 【東京】衆議院が解散し、事実上の選挙戦が始まったのを受け、政治アイドルとして活動する町田彩夏さんらが15日、国会内で会見し、ウェブサイト上で主要政党の政策が分かる「チェックリスト」を公開すると発表した。リストには、米軍普天間飛行場の移設問題についての設問と回答も盛り込まれた。プロジェクトの発起人に名前を連ねる「辺野古」県民投票の会元代表の元山仁士郎さんは、「県民投票から初めての衆院選だ。多くの方々に投票所に足を運んでほしい」と声明を寄せた。

 公開されたのは、「みんなの未来を選ぶためのチェックリスト―衆議院選挙2021―」。町田さんや元山さん、馬奈木厳太郎弁護士ら各分野で活動する13人が発起人となり、自民党、立憲民主党、日本共産党など主要政党8党に19項目67問の設問を送付し、14日までに得た6党の回答を公開した。

 「○」「×」「△」で回答する形式で、「コロナ対策について」「ジェンダー平等について」「学費について」など、若年層が関心のあるテーマを中心にした。「沖縄基地問題について」とした項目では、辺野古新基地建設の是非や南西諸島への自衛隊配備についての回答も求めた。

 町田さんは「選挙になかなか行かなかった人たちに届くようなことを、というのがまず第一だ」と投票率が低い若年層に届ける考えだ。投票の判断材料になる必要な情報の「橋渡しになりたいと思っている」と取り組みの意義を語った。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス