経済
沖縄経済ニュース

「緊急宣言明け安心して開催」 沖縄の産業まつり開幕 24日まで 

地域の特産品を見て楽しもうと、多くの来場者が訪れた「ありんくりん市」=23日、那覇市のパレットくもじ前イベント広場

 「県産品 使って贈って 笑顔の輪」をテーマに、第45回沖縄の産業まつり(同実行委員会主催)が23日、開幕した。新型コロナ感染症の拡大を防止するため、昨年に引き続きポータルサイトによるオンライン出展と、地域を分散したリアル会場による併催方式となった。24日まで2日間の日程で、時間は午前10時~午後6時。

 リアル会場は那覇市に3カ所設置。パレットくもじ前イベント広場では商工会特産品フェア「ありんくりん市」を開き、隣接する県庁前県民広場では「OKINAWA県産品応援マルシェ」を催した。沖縄都市モノレール小禄駅前の広場では、県中小企業団体中央会が加盟団体の特産品を販売している。ポータルサイトには、145の企業や団体が出展する。

 実行委員会委員長の古波津昇県工業連合会会長は「緊急事態宣言が開け、安心して産業まつりを開催することができた。来年は復帰50周年を迎えるので、来年につながるようなイベントにしたい」と話した。



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス