スポーツ

福原愛さん、社外取締役に就任へ 卓球・琉球アスティーダ

福原愛さん

 卓球ノジマTリーグの琉球アスティーダを運営する琉球アスティーダスポーツクラブが16日午前、取締役会を開き、五輪の卓球女子で2大会連続メダルを獲得した福原愛さん(33)が社外取締役の候補者に決定したことを発表した。12月17日の臨時株主総会での承認を経て、正式に決定する予定。

 同社はアジア地域で認知度の高い福原さんの知見を生かし、アジア戦略を加速させていく考え。早川周作社長は「卓球界の一層の隆盛、アジアへの展開において必要不可欠な人材。弊社が目指す沖縄から世界へのビジョンが一層明確になった」とコメントした。

 福原さんは1988年11月1日生まれ。宮城県出身。2012年ロンドン五輪で女子団体銀メダル、16年リオデジャネイロ五輪では同種目で銅メダルを獲得。18年10月に現役引退後、Tリーグ理事に就任し、現在はアンバサダーを務める。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス