スポーツ

コラソン、連敗ストップ トヨタ自動車東日本と26-26

琉球コラソンートヨタ自動車東日本 前半、シュートを決めるコラソンの松信亮平=23日、浦添市のANA ARENA浦添

 日本ハンドボールリーグ男子の琉球コラソンは23日、ANAアリーナ浦添で暫定8位のトヨタ自動車東日本と今季第10戦を行い、26―26で引き分けた。連敗は6で止まり、通算成績は1勝8敗1分けとなった。

 琉球コラソンは村田龍のパスカットからの速攻などで流れをつかむ。2点リードの後半も序盤からテンポのいい攻撃で攻め立てリードを保持。しかし終盤になって得点が奪えず、東日本に追いつかれてしまい、勝利を逃した。次戦は27日午後4時半から福岡県の久留米総合スポーツセンターでゴールデンウルヴス福岡と対戦する。



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス