政治

国申請の辺野古設計変更を不承認 沖縄知事「工事の継続許されない」【動画あり】

名護市辺野古の新基地建設に関わる沖縄防衛局の設計変更を不承認にすると発表する玉城デニー知事=25日午後、県庁

 沖縄県の玉城デニー知事は25日夕、県庁で記者会見を開き、米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古新基地建設を巡り、沖縄防衛局が提出した、軟弱地盤の改良工事の「設計変更」申請について、不承認とする手続きを取ったと発表した。記者会見で、玉城知事は「埋め立て工事が周辺環境に与える影響は甚大であり、不可逆的であることからすると、事実上無意味なものとなる可能性がある、埋め立て工事をこれ以上継続することは許されることではない」と述べ、移設工事を直ちに停止するよう求めた。

 不承認の理由について、軟弱地盤に関して、地盤の安定性の設計に関して最も重要な地点の調査が実施されていないことなど、防衛局の調査の不備を挙げた。災害防止に十分に配慮された検討が実施していないとも指摘した。

 玉城知事は沖縄戦戦没者の遺骨が混じる可能性がある本島南部の土砂の使用について「十分な説明を行いまま一方的に、強権的に埋め立て工事を強行する姿に、不安、憤り、悲しみを感じている県民、国民が数多くいる」と訴えた。

 さらに、玉城知事は「変更申請が必要となったのは、本来、沖縄防衛局について、事業実施前に必要最低限の地盤調査を実施すべきだったのにも関わらず、これを実施せず、不確実な要素を抱えたまま、見切り発車したことに全て起因する」と指摘した。




関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス