スポーツ

ボクシング池本が2回TKO負け 女子フライ級元王者、戴冠逃す 

2回、激しく打ち合う池本夢実(左)とチャオズ箕輪=2日、東京都の後楽園ホール(ジャン松元撮影)

 ボクシングのOPBF女子東洋太平洋フライ級王者決定戦8回戦は2日、東京都の後楽園ホールで行われ、女子フライ級元王者の池本夢実(琉球ジム)はOPBFフライ級元王者のチャオズ箕輪(ワタナベ)に2回TKO負けに屈し、2度目となる戴冠を逃した。

 池本は1回から積極的に攻めていった。しかし2回、打ち終わりを狙われて左のパンチでダウン。立ち上がって反撃に出ようとしたが、再び打ち終わりを右フックで合わされ2回目のダウンを喫した。



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス