社会

小学校のいじめ訴訟で和解が成立 沖縄・糸満市 高裁那覇支部

 糸満市の小学校でいじめを受けた児童(当時)が心的外傷後ストレス障害(PTSD)になったのは、学校が適切な措置を取らなかったためだとして、母親らが市を相手に損害賠償を求めた訴訟の控訴審は7日、福岡高裁那覇支部で和解が成立した。原告側によると、和解の内容は明らかにできない。




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス