社会

【速報】辺野古埋め立て、沖縄県が上告 国交相の「承認撤回取り消し」抗告

沖縄県庁

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、沖縄県による埋め立て承認撤回を取り消した国土交通相の裁決は違法だとして、県が裁決取り消しを求めた抗告訴訟について、県は28日、福岡高裁那覇支部の判決に不服があるとして上告した。

 福岡高裁は15日、国交相裁決が適法かどうかの判断をせず、県の控訴を棄却。玉城デニー知事は県庁で記者団の取材に応じ「地方の自主性を切り捨てたようなものだ」と批判していた。来年1月4日が上告期限だった。

 県は11月に、埋め立て予定海域に広がる軟弱地盤の改良工事を追加する沖縄防衛局の設計変更を不承認としており、その対応を巡っても裁判に発展する可能性もある。撤回を巡る最高裁判決が確定すると、県が取り得る手が限られる恐れもある。一方で判決の不当性を訴えてきた以上、一貫した対応を取る必要があると判断した。



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス