社会
沖縄ワクチン情報まとめ

5~11歳へのコロナワクチン接種、3月から開始 那覇 集団接種会場を設置予定

 沖縄県那覇市は12日の記者会見で、5~11歳への新型コロナウイルスワクチンの集団接種を3月から始めることを明らかにした。対象は約2万2千人で、希望者に接種する。12歳以上対象の5カ所の集団接種会場とは別に、11歳以下対象の会場を1カ所設置する予定。接種券の発送時期は調整中。

 ファイザー製ワクチンを用いる。市によると、クリニックなどでの個別接種はワクチンが入荷次第、集団接種より早く始まる見通しだが、詳細は調整中。

 12歳以上への3回目のワクチン接種は7月までに完了させる予定。長嶺達也健康部長は高齢者以外の接種の前倒しについて「国からどのようにワクチンが供給されるのかも見極め、可能であれば前倒しも検討したい」と述べた。5~11歳への接種については「希望する方にはどういう副反応が想定されるのかを説明し、十分に検討した上で判断してほしい」とした。
 (伊佐尚記)



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス