スポーツ
釣りへ行こう

慶良間でカンパチ連発

4日、慶良間堆で10~15キロのカンパチやオーマチを連続で揚げた柳田修一さん(左)と剛樹の弦巻剛さん(ゆりか)

 フィッシングロッドメーカーの「剛樹」は沖縄でも船の大物釣師には特に有名なロッドメーカーだが、社長の弦巻剛さんは竿(さお)を造るだけでなく、沖縄や全国のポイントに出掛け、実際に釣りをして実績を挙げているすご腕の釣師でもある。

 4日、弦巻剛さんと2代目の海謙さん、お得意先の齊木雄さんと柳田修一さんの4人は50キロオーバーの巨大カンパチを求め、北谷町の遊漁船ゆりかで慶良間南側海域に釣りに出た。快晴、べたなぎに恵まれたこの日、朝の2時間ほど、餌となるムロアジ釣り、午前10時すぎから大物ポイントに移動。ムロアジを餌に仕掛けを下ろした。海底から2メートルほど仕掛けを巻き上げると、ムロアジが暴れ、大物が近くにいるのを伝える。

 仕掛けを巻いたりしながら魚を誘うと、剛さんの仕掛けにヒット。巧みな竿さばきで数分後、浮いたのは14キロのカンパチ。続いて齊木さんと柳田さんにダブルヒットで11キロと10キロのカンパチが釣れ、海謙さんにも13キロのカンパチが釣れた。その後も10~15キロのカンパチの他、12~15キロのオーマチが釣れた。餌のムロアジがなくなったので、再びムロアジを釣って、大物を狙ったが、釣れたのは10~15キロのカンパチやオーマチのみ。目標の50キロオーバーのカンパチは釣れなかったが、沖縄の豊かな海を満喫した。ゆりか(電話)090(7389)9307。

 (沖縄おきなわ釣王国社・仲栄真修)
 


9日、恩納海岸で70.1センチ・5.18キロのタマンを釣った瑞慶覧朝邦さん

8日、本島西海岸で128センチ・29.4キロのロウニンアジを釣った知花竜輝さん


8日、国頭海岸で1.42キロのアオリイカを釣った比嘉善太さんと海碧さんと瑞乃さん

1月3日、奥武島で1.26キロのアオリイカを釣った具志江利子さん


3日、西洲海岸で47センチ・2.38キロのガラサーミーバイを釣った神谷沙弥人さん

12月30日、石垣一文字で128.5センチ・30.23キロのロウニンアジと58.5センチ・3.86キロのマクブを釣った大城徳康さん


1月10日、塩屋海岸で63センチ・2.4キロのコショウダイを釣ったデービッドさん

12月20日、慶良間沖で15.4キロのイヌバーをテンヤ釣りで釣った齊藤正美さん(アクアII)


12月31日、前兼久海岸で45.5センチ・1.71キロのチヌを釣った山川竜嗣さん

1月6日、西崎海岸で43.5センチ・1.35キロのチヌを釣った嘉陽田真也さん


釣りへ行こう
関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス