社会

南部医療センター入院患者でクラスター 一般診療を縮小へ

沖縄県立南部医療センター・こども医療センター(資料写真)

 沖縄県立南部医療センター・こども医療センターは14日、入院患者5人が感染するクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。院内感染に伴う病棟閉鎖や、濃厚接触などによる職員の就労制限も多く発生していることから、感染症入院患者の治療に専念するため一般診療を縮小し、予定入院を中止するという。



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス