政治
名護市長選2022

名護市長選 岸本洋平氏「市政変え新基地阻止」 出発式で弁士らと第一声

出発式でガンバロー三唱する岸本洋平陣営=16日午前、名護市宮里(高辻浩之撮影)

 23日投開票の名護市長選は新人で前市議の岸本洋平氏(49)=共産、立民、社民、社大、にぬふぁぶし、れいわ推薦=と、2期目を目指す現職の渡具知武豊氏(60)=自民、公明推薦=の一騎打ちが確定した。両陣営が16日に開いた出発・出陣式での候補者や応援弁士の訴えを紹介する。
 ('22名護市長選取材班)


 

 今、名護市政を変えなければいけない。今以上の市民生活の向上、暮らしを必ず良くする。子育て支援の無償化を必ず行う。先人たちが守ってきた名護やんばるの安心で安全な、豊かな暮らしを守り抜く。

 言うべきことをはっきり言う市政にしなければならない。基地問題であろうと、新型コロナの問題であろうと、逃げずに真っ正面から取り組み、必ず改善させる。

 亡き父岸本建男は(辺野古の)基地問題に七つの条件を付け対峙(たいじ)した。条件が守られないと分かった時、今の沿岸案の位置に対して「論外だ」「到底受け入れられない」と明言した。その遺志を胸にこの問題にも取り組み、決して新基地は認めない。玉城デニー知事が不承認で示したように、ここで基地建設を止める。その決意だ。

 翁長雄志前知事が命懸けで、稲嶺進前市長も体を張り子どもたちの未来のため取り組んだ。沖縄と名護の未来、子どもたちの将来を考えた時、やはり辺野古の新基地を認めるわけにはいかない。市政を変えて、辺野古の新基地を止める。


<岸本洋平氏の主な公約>

 市民の暮らしと経済を守るため、言うべきことを言える政治を実現する。辺野古新基地建設は認められず、市民の生命・財産をしっかり守る。ガジュマルの樹のように、100年先も大きく成長し続ける市をつくる。幼児から大学生までトータルで支援する「子ども太陽基金」を創設。保育料、給食費、子ども医療費は「これからも無料」。名桜大に薬学部を新設。

………………………………………………………………

岸本 洋平(きしもと・ようへい)

 1972年12月19日生まれ。名護市宇茂佐出身。名護高卒、早稲田大学大学院公共経営研究科(専門職修士)修了。病院勤務を経て、2006年から名護市議4期。座右の銘は「常に心に太陽を持て」。

 


市民の暮らし、未来守る

 

 玉城デニー知事 米軍などに感染対策を要求したが、米軍由来のオミクロン株が市中感染に広がった。地位協定の構造的差別で、米軍基地を7割も抱える沖縄の現実だと訴えねばならない。市民の生活、未来のために、主張することはしっかり主張する岸本氏を支えよう。辺野古新基地建設は認めず、市民の暮らしを守り、つくる。共に誓い、選挙戦を頑張ろう。




玉城 デニー知事

基地被害に巻き込むな

 


 赤嶺政賢衆院議員 市長は市議会でオミクロン株(市中感染)が米軍基地由来か問われ、「判断できない」と答えた。判断できる人に市長を交代してもらおう。爆音公害に市民を巻き込む辺野古新基地は造らせてはならない。給食費や保育料などの無料化は、基地に頼らずとも予算を増やした稲嶺進市長時代の行政手腕を発揮すれば、岸本氏で継続できる。


赤嶺 政賢衆院議員

50年先考えた市つくる

 


 高良鉄美参院議員 辺野古の問題は基地問題だけではなく、沖縄の未来の問題だ。海上ヘリポート建設の名護市民投票でノーと言った市民の良識は強い。岸本氏はこの先の50年を考え、子どもたちを大切にしながら名護市をつくる。国際文化観光都市にするプランをガジュマルに例える。その根元(ねもと)に入るのは市民の力で、岸本氏に吸い上げてもらおう。


高良 鉄美参院議員

市民の立場・目線で主張

 


 稲嶺進後援会長 現職は、辺野古の問題もコロナの問題もほとんど語らない。防衛省や首相官邸に忖度(そんたく)したような態度だ。こんな市長は要らない。すぐにでも代えるべきだ。岸本洋平氏は国でも米軍でも市民の立場・目線で言うべきことを言える。辺野古新基地建設を認めず、給食費や保育料の無償化は継続する。今こそ市民の手に名護市を取り戻そう。


稲嶺 進後援会長



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス