政治

渡具知陣営に県職労が抗議 「ビラに名誉毀損記述」 名護市長選

 沖縄県職員労働組合(伊良波純子執行委員長)は20日、名護市長選に立候補している現職の渡具知武豊氏の陣営が発行・配布した政治活動用ビラに、県職労・組合員の名誉を毀損(きそん)する記述があったとして、陣営に対して抗議文を提出した。

 渡具知氏陣営は市長選の政治活動用ビラで、北部基幹病院整備に関し「(前市政は)県職員労働組合との関係で棚上げにしてきた」と記載し、配布した。

 県職労は基幹病院整備に関して県や市と議論した事実はないとして、同記述について「事実無根だ」と抗議し、公式謝罪や記述訂正を求めた。

 陣営担当者は「対応を検討したい」とした。



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス