スポーツ
釣りへ行こう

奥沖で48キロのカンパチ

15日、奥沖で160センチ・48キロのカンパチをジギングで釣った金弘範さん(海姫)

 大阪在住の金弘範さん。地元ではジギングを中心に、マイボートでアジやメバル釣りも楽しむマルチな釣り師。15、16日に奥沖にジギングに出掛けた。

 15日は午後から出港して釣り始めると、すぐに一緒に沖縄に来た友人が8キロほどのチャイロマルハタを釣った。続いて小型のカンパチが釣れてから2時間ほどアタリがないので移動することに。移動の途中で水深130メートルのポイントで魚探に魚の反応を見つけたので、仕掛けを降ろしてみた。

 ジグを落とし着底後10メートルほどはハイピッチで巻き上げ、それから3回ほどスローに誘った後、再びハイピッチで巻き上げた途端、竿(さお)先にズッシリとした重みが加わった。重量感はあるが走る様子もなく、10メートルほど巻き上げることができたのでミーバイでも掛かったのかと思ったら、異変に気付いた魚が急に走りだした。

 フルロックにドラグを締めたリールからラインを引き出し、25メートルで最初の走りが止まった。再びラインを巻いては引き出されることを繰り返していると、船長から「もっとドラグを締めて」とのゲキが飛ぶ。肉体的にも限界が近づいた頃に、ようやく海面下に白い魚影が見えてきた。

 「カンパチだ。デカイよ」と興奮気味の船長が引き上げたのは160センチ、48キロのカンパチで自己記録を大きく上回る大物だった。海姫(電話)090(9784)0775。

(おきなわ釣り王国社・仲栄真修)



5日、中城湾で97.7センチ・6.96キロのウマズラアジを釣った東城崇志さん(K701)

)21日、泡瀬一文字で68.5センチ・6.0キロのマクブを釣った與儀克司さん



16日、石川給食センター横で35センチ・0.567キロのチヌを釣った石川汰将さん(小学校6年)

15日、那覇一文字で42.4センチ・0.9キロの尾長グレを釣った比嘉郷さん


18日、沖縄本島東海岸で63センチ・4.18キロのヤイトハタを釣った東江優斗さん

15日、スーガマーで5キロのイヌバーや2キロオーバーのタマンやウムナガー、ヤキータマン等をテンヤ釣りで釣った金城さん(前列中央)、(後列左から)渡慶次さん、与那嶺さん、大城さん、平田さん、町村さん(漣太丸)


22日、大湾ビーチで62.6センチ・3.01キロのタマンを釣った喜久山英紀さん

16日、西崎海岸で45.5センチ・1.45キロのチヌを釣った比嘉宗信さん


16日、西洲海岸で44センチ・1.45キロと32センチ・0.49キロのチヌを釣った具志江利子さん

15日、安謝海岸で2.5キロのアオリイカを釣った川端敦さん


釣りへ行こう
関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス