政治

玉城知事、那覇軍港での訓練即時中止を要求 「断じて容認できない」

玉城デニー知事

 在沖米海兵隊が那覇港湾施設(那覇軍港)で垂直離着陸輸送機MV22オスプレイなどの離着陸を伴う訓練を開始したことを受け、玉城デニー知事は8日、「断じて容認できない」として抗議し、日米両政府に訓練の即刻中止を求めるコメントを発表した。知事はコメントで、沖縄基地負担軽減担当相を兼ねる松野博一官房長官が訓練について「施設の使用の主目的に沿ったもの」と発言したことに触れ、「訓練が港湾施設の主目的とは考えられない」と批判した。

 在沖米軍基地の使用主目的を日米が定めた「5・15メモ」に記載された使用主目的について「厳格に運用されるべき」と強調。日本政府に沖縄の基地負担軽減に努めることも求めた。(塚崎昇平)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス