地域

朝ドラ舞台やんばるで幸せ誓おう 世界遺産でフォトウエディング 大宜味

大宜味の森をバックにした一枚(同社提供)

 【大宜味】「朝の連ドラの舞台・やんばる地域の魅力を、新郎新婦の一生の思い出と共に発信したい―」。株式会社レック(兵庫県、高橋泉社長)が展開するフォト事業のラヴィ・ファクトリーが、村観光協会の協力でフォトウエディングプランを発表した。

 昨年7月に世界自然遺産に登録されたやんばる地域は、11日から放映されるNHKの朝ドラ「ちむどんどん」の舞台となり、全国的にも注目が高まる。プランでは新しい門出を迎えるカップルが、健康長寿で知られる大宜味の「おじい」「おばあ」のように末永い幸せを誓うことをコンセプトに、忘れられない一生の思い出を写真に残す。撮影料の一部は大宜味村の環境保全に寄付される。

 村観光協会事務局長の大崎史丸さんは「海外旅行になかなか行くことができない中、自然豊かな長寿の里、大宜味村で一生の思い出をつくっていただきたい。来てくれた夫婦の幸せが末永く続くことを祈りたい」と話した。

 プランの受け付けは7日から。詳細はラヴィ・ファクトリー沖縄スタジオ(電話)098(995)1222。https://www.la-viephoto.com/feature/shop/okinawa/tabi-photo/

 (安里郁江通信員)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス