社会

強制性交等致傷、米兵が起訴内容を認める 那覇地裁で初公判

那覇地方裁判所

 沖縄県内で昨年10月、面識のない女性に性的暴行を加えようとしてけがを負わせたとして、強制性交等致傷の罪に問われた在沖米海兵隊上等兵の被告(22)の裁判員裁判初公判が23日、那覇地裁(佐藤哲郎裁判長)で開かれた。被告は起訴内容を認めた。

 検察側は冒頭陳述で、被告が当初、別の女性を狙って追いかけたが見失い、その後、仕事を終えて徒歩で帰宅中の被害女性を狙ったと述べた。

 起訴状によると昨年10月の深夜、県内で女性に暴行を加えて乱暴しようとし、けがを負わせたとしている。

 県警などによると昨年10月、近隣住民から「女性が助けを求めている」と通報があった。警察官が現場に駆け付けると、被告は既に逃走していたという。県警が任意で捜査し、昨年12月3日に強制わいせつ致傷容疑で書類送検していた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス