スポーツ

FC琉球が喜名監督を解任 成績不振、チームは最下位に低迷

喜名哲裕監督

 サッカーJ2のFC琉球は8日、成績不振のため喜名哲裕監督(45)を解任したと発表した。後任が決まるまで倉貫一毅ヘッドコーチが指揮を執る。喜名氏は那覇市出身。2017年からFC琉球ヘッドコーチを務め、昨季シーズン途中の10月から監督に就任した。今季は42試合中20試合を消化し、通算成績は3勝11敗6分けの勝ち点15で、順位は最下位の22位と低迷している。

 喜名氏は「J1昇格という目標を掲げたなか、思うような結果を出せなかったことに強く責任を感じている。ただ、選手やコーチングスタッフ、クラブスタッフと一枚岩になり戦えたことは本当に誇りに思う。そしてどんな時も熱い応援をしてくださったサポーターの皆さんに心から感謝する。このような形でチームを離れることは非常に心残りですが大好きなチームのさらなる発展を心から願っている。6年間本当にありがとうございました」とコメントした。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス