社会

電力会社を装った偽の「送電停止」SMS…沖縄電力が注意呼び掛け 「URLにはアクセスしないで」

なりすましSMSの例(沖縄電力提供)

 沖縄電力は21日、電力会社を装い、送電停止の案内をするなりすましのショートメッセージ(SMS)が顧客の携帯電話に送られていることを確認した。沖電の担当者は「弊社からショートメッセージでの送電停止の案内は行っていない。不審なメッセージ内のURLにはアクセスしないよう注意してほしい」と呼び掛けている。

 メッセージは「【重要】送電停止に関するお知らせ」などと記され、電気料金を支払わない場合は送電を停止するとの内容。プリペイドカードの購入を促す案内が含まれ、沖電によると実際に購入してしまったとの相談も警察に寄せられているという。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス