スポーツ

FC琉球5連敗、ヴェルディに1-2 終盤に決勝点許す

 サッカー明治安田J2第24節第2日の3日、FC琉球は味の素スタジアムで東京ヴェルディと対戦、1-2で逆転負けし5連敗を喫した。

 前半は開始早々にゴール前でパスを受けたケルヴィンが個人技で先制点を奪った。しかしその後は相手にボールを支配される時間帯が続いた。42分に左クロスから頭で合わせられ失点。1-1で折り返した。

 後半は相手のたび重なる攻撃を防いだが、38分に守備の緩みから2点目を浴びて逆転を許した。

 通算成績は3勝15敗6分けで勝ち点15、順位は最下位の22位のまま。次戦は6日、いわぎんスタジアムで、いわてグルージャ盛岡と対戦する。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス