スポーツ

ゴルフ、新垣比菜がベストアマ 富士通レディース

 ゴルフの富士通レディース最終日は18日、千葉県東急セブンハンドレッドC(6635ヤード、パー72)で行われ、アマチュアの新垣比菜(興南高)が2アンダーの12位でベストアマとなった。初日から首位の28歳、テレサ・ルー(台湾)が71で回り、通算13アンダーの203で今季ツアー5勝目、通算9勝目を挙げた。賞金1440万円を加え、生涯獲得賞金が4億円を突破した。渡辺彩香が4打差の2位だった。青木瀬令奈と申ジエ(韓国)が通算7アンダーで3位。賞金ランキング1位のイ・ボミ(韓国)は74と落とし、大城さつきらと並び2アンダーの12位だった。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス