地域

コザを朝から楽しもう 飲食や古着、バンド出演も 一番街アーケードで「バザール」 24日、沖縄市

朝から一番街を楽しめるイベント「朝一番バザール」への来場を呼び掛ける、沖縄市一番街商店街振興組合メンバーの松野匡平さん(右)と親川雅矢さん=15日、沖縄市の一番街商店街

 【沖縄】沖縄市一番街商店街振興組合は24日午前9時から午後6時まで、一番街アーケード内で「朝一番バザール」を開催する。市内外から飲食ややちむん、古着など16店舗が集まる。DJブースも設け、朝から楽しめるイベントとなっている。

 一番街としては珍しい朝からのイベント。アフリカの打楽器「ジャンベ」のバンドも出演予定。アルコールの提供もある。子どもが遊べるブースもある。

 一番街商店街振興組合のメンバーで、コーヒー店「アンバー・ホリック」の松野匡平店長は「“夜飲みに行く街”のイメージが強い一番街だが、朝から楽しめるイベントだ。朝から人があふれる一日にしたい」と来場を呼び掛けた。12月、3月、6月の第4土曜日にも行う。出展者などの詳細は同イベントのインスタグラム「朝一番バザール」で確認できる。
 (石井恵理菜)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス