スポーツ
釣りへ行こう

大渡海岸で60センチサバヒー

11日、大渡海岸で60.7センチ・1.66キロのサバヒーを釣った又吉謙心さん

 別名「ミルクフィッシュ」とも呼ばれ、台湾やフィリピン、インドネシアなどでは盛んに養殖され、世界一の養殖量とも言われているサバヒーだが、日本では市場にはほとんど出回らない。餌釣りやルアー釣りで時々ヒットすることがある程度で、狙って釣る人も多くはない。しかし、長い尾びれを持つこの魚は遊泳力が高く、ベテランの釣り人でも手を焼くことが多い。

 釣り好きな父親の又吉真也さんに連れられて、4歳の頃から釣りを始めた息子の謙心さん(7歳)。11日も、親子で大渡海岸に釣りに出かけた。

 リーフで釣りをしていると、4~5匹のサバヒーを発見した真也さん。オキアミを餌にウキ釣り仕掛けを投げ入れると、すぐにヒット。20メートルほどラインを出されたが、そんなに大物でもないと判断し、バラしても構わないので大物釣りの経験をさせようと、謙心さんに竿(さお)を渡した。

 7歳の子には竿を持つのもやっとの強い引きで、ラインを巻いては引き出されを繰り返し必死にやり取り。リールに巻いた糸が残り20メートルまで引き出されながらも、なるべく1人でファイトさせようと最低限の手助けだけで様子を見ていると、5分後に60.7センチ・1.66キロのサバヒーを釣り上げることができた。

(おきなわ釣王国社 仲栄真修)

 


9月10日、石垣島で112センチ・21.6キロのロウニンアジを釣った宮国盛俊さん

8月24日、慶良間沖で140センチ・29.75キロのカンパチを釣った仲原祥吾さん(南美丸)


8月24日、久米島のミーフガーで75センチ・5キロのカスミアジを釣った新川健人さん

9月12日、石川海岸で90.4センチ・9.86キロのロウニンアジを釣った伊良波朋幸さん


11日、名護海岸で64センチ・3.3キロのムネアカクチビ他アカナーやタマン、イヌバー等を数釣りした親泊大地さんと花城喜昭さん

15日、与那原海岸で62センチ・3.77キロのミーバイを釣った中原盛克さん


9月20日、西崎一文字イケス前で60センチ・2.8キロのタマン他をオキアミボイル餌のフカセ釣りで釣った名嘉伸一さん

30日、宜野湾海岸で44.5センチ・1.58キロのカーエーを釣った宮城亮作さん


8月30日、石垣島登野城海岸で47.5センチ・2.14キロのカーエーを釣った伊志嶺彩紗さん

8日、那覇一文字で41.5センチ・1.25キロを筆頭にアーガイを数釣りした平良亮さん


釣りへ行こう
関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス