経済

きょうから産業まつり 歩行ロボの試乗体験も

ドバイのイベントで展示されるスケルトニクス=2015年2月(スケルトニクス株式会社提供)

 「あ、いいね! 使って納得 県産品」をテーマに、第39回沖縄の産業まつり(同実行委員会主催)が23日、那覇市の奥武山公園と県立武道館で開幕する。25日まで。

 県産品の消費拡大や品質向上を促進するため、522の個人・団体・企業が出展する。沖縄高専の卒業生が東京で起業し制作した歩行ロボットの試乗体験や、県内企業の海外展開を紹介する「沖縄ものづくり海外展開活動展」などがある。会場に近い那覇軍港西側に特設駐車場を設置。特設駐車場-奥武山公園駅前-奥武山鳥居前を巡回する無料シャトルバスも午前8時半~午後9時、運行する。
 24、25の両日には、沖縄工業高等専門学校出身の白久レイエス樹CEO(26)が代表を務めるロボット製造・販売会社「スケルトニクス」(東京都八王子市)の動作拡大型ロボットが登場する。