社会
沖縄の事件・事故

車道に頭から血を流し倒れた男性…ひき逃げ事件で捜査 沖縄・豊見城署

男性が血を流して倒れていた現場=10日午前11時25分ごろ、那覇市小禄の県道7号

 10日午前5時半ごろ、沖縄県那覇市小禄の県道7号で「男性が車道に倒れている」と目撃者から119番通報があった。豊見城市の男性(24)が、頭から出血しうつぶせの状態で倒れているのが発見された。男性は左腕骨折や後頭部裂傷の重傷を負い本島南部の病院に搬送された。命に別条はないという。豊見城署は男性のけがの程度や発見時の状況などから、ひき逃げ事件とみて捜査を進めている。

 同署や那覇市消防局などによると、現場は片側1車線のなだらかな坂道になっていて、付近には信号と横断歩道がある。男性は横断歩道から数メートルのところに倒れていた。搬送時、意識はあったが、会話はできない状態だったという。

 同署は現場から走り去った車両の特定を急ぐとともに、情報提供を呼び掛けている。豊見城署、電話098(850)0110。

>>沖縄で起きた事件・事故

【関連記事】

▼ごみ収集車から落下、男性が死亡 ドア開けた状態で作業

▼道路横断中、タクシーにはねられ70代男性が死亡 沖縄・那覇市

▼「車の下に人が倒れている」と通報…病院に搬送された女性死亡

▼二日酔いの状態で居眠り運転…国道沿いで剪定作業の男性はねる 容疑で運転手を逮捕




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス