社会

米兵の飲酒事件・事故に抗議 北谷町議会が可決

 【北谷】北谷町議会(田場健儀議長)は26日午前、同町で10日に米海兵隊3等軍曹がビールジョッキで会社員の顔を殴ったとして傷害容疑で逮捕された事件など、米軍人・軍属による飲酒絡みの事件・事故に対する意見書と抗議決議を全会一致で可決した。夜間外出や飲酒を規制する「リバティー制度」の緩和措置を撤回し、規制強化や夜間外出禁止令の発令などを求めた。

 意見書と決議では「5月末から米軍人・軍属による飲酒に絡んだ事件・事故が多発しており、異常事態だ」と批判。「指導的にある立場の将校や憲兵隊が事件を起こしており、米軍内部の組織統制が機能していない」と指摘し、日米地位協定の抜本的改定や再発防止、綱紀粛正などを要求した。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス