スポーツ

FC琉球「1年でJ2復帰」意気込み 倉林社長が今季終了報告

来季に向けた意気込みを語った琉球フットボールクラブの倉林啓士郎社長(左から2人目)ら=16日、那覇市泉崎の琉球新報社

 サッカーのFC琉球を運営する琉球フットボールクラブの倉林啓士郎社長らが16日、今季の終了報告で那覇市泉崎の琉球新報社を訪れた。J3降格が決まったが、倉林社長は「1年でJ2へ復帰できるよう、態勢づくりをしたい」と意気込んだ。

 県出身のDF上原牧人、今季で現役引退するFW上原慎也も同行。上原慎は今季最も印象に残る試合に最終の大分戦を挙げた。ホームでサポーターと「(大分に勝ち)勝利の歌を聞けたのは良い終わり方だった」と振り返った。

 アウェーで熊本に勝った試合を挙げた上原牧は、けがなどで思うような活躍ができなかったことに触れ、悔しさを胸に「J2へ戻ることを目標に、しっかり力を出して頑張っていきたい」と気を引き締めた。

 FC琉球は来年、創設20周年を迎える。倉林社長は「いろいろな企画を考えている」とサポーターとの触れ合いにも注力する考えを示した。
 (金良孝矢)




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス