社会
沖縄の新型コロナウイルス最新情報

宮古島市の伊川秀樹副市長がコロナ感染、自宅療養

宮古島市役所

 【宮古島】宮古島市は21日、伊川秀樹副市長が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同日現在、症状はなく自宅療養している。25日から職務に復帰する予定。

 市によると伊川副市長は17日にのどの違和感を覚え、18日午後に発熱した。市内病院での抗原検査で陽性が判明し、自宅療養している。職員への感染などは確認されていない。
 (佐野真慈)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス