経済
沖縄経済ニュース

沖縄のスーパーにこだわりの味 サンエー、かねひで、丸大の3商品が優秀賞 お弁当・お総菜大賞2023

 全国スーパーマーケット協会主催の「お弁当・お総菜大賞2023」が11日に発表され、沖縄県内から3商品が優秀賞に選ばれた。
 

 サンエーの「沖縄ちゃんぽん」(税抜き358円)は、県民が好きなポークランチョンミートと野菜をたっぷり使い、甘めのたれにカツオ、昆布などのだしに卵でとじている。

 金秀商事(タウンプラザかねひで)の「ポーク玉子おにぎり」(同228円)は、ポークと卵にマヨネーズ、刻みたくあんなどを加えた。かねひで喜瀬カントリークラブのレストランで親しまれていたものを、スーパー向けに開発した。

 丸大の「沖縄県産豚軟骨やわらか煮つけ」(同398円)は豚軟骨をとろとろに煮込み、オリジナルのしょうゆベースのたれにだしと加工黒糖を加え、うまみとコクのある味に仕上げている。

 お弁当・お総菜大賞は、全国のスーパーやコンビニで販売されている弁当や総菜を対象に、味や原材料へのこだわり、価格などを基準に審査。今年は1万4286件の応募があり、最優秀賞18商品、優秀賞39商品、特別賞6商品が選ばれた。

(玉城江梨子)


サンエーの「沖縄ちゃんぽん」(©︎全国スーパーマーケット協会)

金秀商事の「ポーク玉子おにぎり」(©︎全国スーパーマーケット協会)

丸大の「沖縄県産豚軟骨やわらか煮つけ」(ⓒ全国スーパーマーケット協会)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス