社会

沖縄・那覇でインフルエンザ警報 3年ぶり、市が対策呼びかけ

那覇市役所(資料写真)

 沖縄県那覇市は25日、インフルエンザ警報を発令した。16~22日の1週間で市内の定点医療機関からの患者報告数が定点当たり34.83人となり、警報発令基準値の30人を超えた。市のインフルエンザ警報発令は2020年1月以来、3年ぶり。

 那覇市は手洗いや予防接種などの対策を取り、症状があればまずかかりつけ医に相談、受診するよう呼びかけている。
 (伊佐尚記)




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス