地域

ドラゴンフルーツで赤いカレー 特産活用し料理講習

 【今帰仁】今帰仁村商工会(島袋松男会長)は12日、東京都南青山のフレンチ店で料理長として高い評価を受ける石塚雄二シェフを招いた「特産品開発料理講習会」を同村与那嶺公民館で催した。今帰仁プレミアム創成プロジェクト事業の一環で、15人が本場のフレンチ料理を学んだ。


カレーを煮込む石塚シェフ(中央)=12日、今帰仁村与那嶺公民館

 食材は村内産にこだわり、今帰仁アグー、パパイア、ドラゴンフルーツを入れたカレーを調理。ドラゴンフルーツの独特の赤色が出たオリジナルのカレーが完成した。
 参加者は「カレーにドラゴンフルーツを入れる発想はなかった」「野菜の成分や栄養素のことなどを聞けて勉強になった」と話した。
 今帰仁アグーを使ったスモークハムなども食し、参加者は時折、食材の味を確かめながら会話を弾ませていた。
 参加した座間味久美子さん=上運天区=は「村内の食材を活用した料理に感激した。実際に商品化できたらいい」と笑顔で味わった。
(新城孝博通信員)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス