社会

最優秀賞に北中城小6年の瀬底蘭さん 新聞記事感想コンクール

 家族や友人と一緒に記事を読んで話し合った感想や意見を募る第6回「いっしょに読もう!新聞コンクール」(日本新聞協会主催)の受賞作が26日までに決まり、全国3万9881編の応募の中から、小学生部門の最優秀賞に北中城小6年の瀬底蘭さんが選ばれた。同コンクールでの最優秀賞は県内初。

 瀬底さんは、県警が名護市辺野古の埋め立てに抗議する市民を排除した時の記事の中に、抗議行動を抑える警察官の葛藤をくんだ文章を見つけ、県民同士が対立しない「本当の終戦」が訪れることを願った。瀬底さんは「移設反対の人も警察官も、本当はこんなことしたくないと思っているはず。県外の人にも沖縄のことを考えてほしい」と、受賞をきっかけに複雑な県民感情への理解が深まることを期待した。
 【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス