地域

大相撲、宇良の活躍 熱烈応援 順調出世に区民喜び

大相撲九州場所で幕下の優勝決定戦に臨む宇良をテレビ観戦しながら応援する親戚ら=11月22日、国頭村宜名真

 【国頭】3月に大相撲春場所で初土俵を踏み、順調に出世を続けている宇良(23)=本名・宇良和輝、大阪府生まれ、木瀬部屋=の父・辰美さん(58)の出身地・国頭村宜名真区で、宇良の取組があるたびに親戚や住民らが集まってテレビ観戦し、熱い声援を送っている。

5月の序ノ口優勝の際、区は泡盛の記念ボトルも売り出すなど、区を挙げて熱烈な応援態勢を組み、宇良の活躍が住民らの喜びになっている。
 初の幕下で臨んだ11月の九州場所は7戦全勝の結果を残した。22日の千秋楽。同じ7戦全勝で同部屋の1年兄弟子・芝との間で優勝決定戦が行われ、宜名真では祖父・繁さん(85)の自宅に親戚らが集い、固唾(かたず)をのんでテレビ放送を見守った。
 2分40秒の長い相撲となり、激しく競り合ったが惜しくも敗れると、親戚一同は残念そうな表情を見せつつも奮闘に拍手を送った。小兵ながら業師として注目されている宇良は、来場所は幕下上位が濃厚で、新十両の可能性も残す。
 親戚や住民らは、インターネットなどを通し、宇良の情報を収集するのが大きな楽しみになっている。
 優勝決定戦を見守った祖父の繁さんは「(宇良の取組で)今まであんなに長い時間の相撲はなかった。残念だ」と悔やみながらも、これまでの孫の活躍に「これからも応援する。さらに上まで進んでほしい」と期待を込める。祖母・幸子さん(80)は「今回は負けたのは残念だが、いつも応援するのが楽しい」と笑顔を見せた。
 宜名真区の山入端立全区長は「泡盛の記念ボトルは、追加も含めて700本から800本を販売し、評判が良い。(宇良の活躍は)住民にとっても大きな心のよりどころだ。幕内を目指し、息長く頑張ってほしい」とエールを送った。
(古堅一樹)