スポーツ

高原「骨埋める」 サッカーチーム「沖縄SV」設立

新チーム「沖縄SV」の設立会見でエンブレムを指さし、笑顔を見せる高原直泰=7日、那覇市の沖縄総合事務局

 サッカー元日本代表FWの高原直泰が7日、那覇市の沖縄総合事務局で自身が代表を務め、県内に設立するサッカーチーム「沖縄SV」について記者会見した。来春に開幕する県リーグ3部に参入し、Jリーグ入りを目指す。

 高原は県内に移住する予定で「今住んでいる家、車は全部売る。ここに骨を埋めるつもりで(チーム設立という)プロジェクトに自分の全てを懸ける。全力でやるしかない。皆さんにしっかり応援、サポートしてもらえるようにやっていく」と決意を述べた。
 高原はチームの代表、オーナー、監督、選手を務める。正式名称はドイツ語で「沖縄スポーツクラブ」を表す「オキナワ・シュポルト・フェァイン」で略称は「OSV」(オーエスファウ)。拠点はうるま市、金武町、宜野座村に置き、沖縄全域をホームタウンとして活動する。選手は24~27人になる予定でセレクションを行い、アマチュア契約を結ぶ。ジュニア、ジュニアユースの育成部門も設置する予定。
 高原は「地域としっかり密着して一つ一つ、つくっていく。自分たちだけでなくて皆さんと一緒にこのチームを強くしていきたい」と意気込んだ。
 セレクションを埼玉スタジアム第2グラウンド(22日午前9時)と金武町陸上競技場(1月16日午前9時)で行う。問い合わせはselect@okinwasv.com