政治

抗告訴訟提訴、議決案を可決 県議会米軍基地特別委

 県議会米軍基地関係特別委員会(新垣清涼委員長)は16日、翁長雄志知事による名護市辺野古の埋め立て承認取り消しに対して国土交通相が行った執行停止の無効化を求める抗告訴訟の議決案を賛成多数で可決した。県の町田優知事公室長は委員会質疑で「議決いただければただちに弁護士と契約し、訴状や証拠が準備でき次第提訴したい」と答弁した。議決案は18日の県議会最終本会議で可決する見通し。

 提訴理由について町田氏は「承認取り消しの適法性は既に行われている代執行裁判で議論する」としつつ、承認取り消しの効力を国交相が執行停止したため、代執行裁判の間も沖縄防衛局が新基地建設工事を続けていると説明した。抗告訴訟ではこの執行停止の効力をさらに執行停止する申し立てができるとした上で「抗告訴訟は工事を止めるのに有効な手段で、大事な手続きだと考えている」と議決に理解を求めた。【琉球新報電子版】









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス