社会

那覇港湾内であす不発弾処理 半径3キロ入水禁止

 那覇港湾内の那覇空港滑走路増設に関する工事現場で昨年12月末に見つかった米軍の3インチ砲弾42発など不発弾計52発の水中爆破処理作業が、4日午前8時40分から行われる。

 処理現場は那覇港公共国際コンテナターミナル沖合1キロの海中。航行禁止区域は半径300メートル、入水禁止区域は半径3キロ。避難世帯はない。作業は正午ごろまでに終了予定。




関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス