地域

校歌探訪-宮古島市立福嶺中学校

 広大なサトウキビ畑、国の名勝に指定されている東平安名崎―。宮古島市立福嶺中学校は県内有数の自然を持つ市城辺の東部地域を校区とする。1954年に作られた校歌は、豊かな環境の中で育まれた子どもたちが羽ばたく姿を力強く描く。当時の城東中学校から分立し1949年に開校した。校歌は鉄筋コンクリート校舎ができ、PTAも結成されるなど環境整備が進んだ中で作られた。学校によると、作詞は市内の複数の学校で校歌を作っている宮國泰誠さん、作曲は校歌策定翌年の55年に同校助教諭になった新城キクさんだ。










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス