社会

名護、糸満 落雷で1650世帯停電 3時間後復旧

停電で信号機が消灯し、手信号で交通整理する名護署の署員ら=9日午後2時半すぎ、名護市内

 名護市と糸満市の一部地域で9日午後2時~5時ごろまで、落雷による影響で約1650世帯が停電した。停電発生から3時間後には停電した地域の電気が復旧した。

 沖縄電力によると、糸満市内で約930戸(午後2時36分~4時51分に120戸、午後2時36分~4時56分に810戸)、名護市内で720戸(午後2時16分~4時11分)に停電が発生した。担当者は「強い落雷の影響で、一部地域の落雷からシステムを保護する装置が破壊された」と説明した。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス