政治

宮古島に自衛隊、下地市長「容認」 反対市民の要請で発言

 【宮古島】宮古島市への陸上自衛隊配備計画で、配備を容認しないことを求めて13日、市民らが下地敏彦市長に要請した席で、下地市長は「基地を造ることを容認する」と発言した。これまで自衛隊配備について「必要だ」としながらも「配備を受け入れたわけではない」と述べるにとどめており、これまでと異なり一歩踏み込んだ発言だ。

 沖縄防衛局が、市内の候補地の一つへ配備を進める上で必要となる事前協議の基礎資料を取り下げたことを受けた、市民団体らの要請の場で発言した。市民が「ミサイル配備を容認するか」との質問に「基地を容認する」との発言をした。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス