社会

加齢で血も変わる アンチエイジングへ期待

 沖縄科学技術大学院大学(OIST)の柳田充弘教授らの研究チームはこのほど京都大との共同研究で高齢者の血液を分析し、加齢に関わる血中の物質を特定したと発表した。加齢に伴い、抗酸化物質や筋力に関わる化合物が減少する一方、腎臓や肝臓機能低下に関与する物質は増加していたことが分かった。研究結果は米国科学アカデミー紀要の電子版に掲載された。

 研究チームは25~33歳の若年成人15人と、74~88歳の高齢者15人の血液サンプルを採取し比較。高齢者の体内で量が増加している物質と減少している計14種の物質を特定した。これまで高齢化とともに筋力や腎臓などの身体機能が衰退することは知られていたが、人の血液に着目した科学的な研究は珍しいという。
 研究成果についてOISTは「抗酸化物質の減少と筋力の衰えを防ぐためには抗酸化物質を多く含む食物や適正量の動物性タンパク質を摂取し、適度な運動を続けることが重要だということが示唆される」と意義を語っている。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス