政治

陸自15旅団と米軍 10、11日共同訓練 沖縄初、キャンプ瑞慶覧

 陸上自衛隊第15旅団(那覇市)は10、11の両日、米軍キャンプ瑞慶覧で米海兵隊との共同警備訓練を行う。訓練内容はゲート警備、基地内巡察、CBRN(化学、生物、放射線、核兵器)対処、衛生救護などで、県内での実施は初めて。15旅団が2日に発表した。

 陸自によると、同様の共同警備訓練は2001年12月にキャンプ座間で初めて開催して以降、これまで年に2~3回の頻度で岩国、三沢、厚木など全国の米軍基地で行ってきた。沖縄で初開催について15旅団は「以前から企画していたが、タイミングが合わなかった。米軍と時期的な都合がついた」と説明した。